子連れ出勤は選択肢の一つになり得るか?

ライフデザイン

子連れ出勤は選択肢のひとつになり得るか?

産後の働き方のひとつの方法として子連れ出勤がクローズアップされていますが、

子育てファミリーを支える上での手段となり得るでしょうか?

スポンサーリンク

コメント欄は総じて否定的な意見

 

根付くか『子連れ出勤』選択肢の一つとして柔軟に」

根付くか「子連れ出勤」、選択肢の一つとして柔軟に(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース
「子連れ出勤」。今年初めに宮腰光寛少子化担当大臣が「赤ちゃんはお母さんと一緒にい - Yahoo!ニュース(NIKKEI STYLE)

 

こちらの記事を読んでみて驚くのは、というかある意味当然な気もしないではないですが

コメント欄に否定的な意見が並んでいます。

 

そういう私も、選択肢として存在すること自体は良いとは思いますが、実際にはさまざまな問題もあり根付くまでになるのは難しいのではないかと推測しています。

特に日本の環境ではなおさら。

 

我が子は現在2歳。

1歳まで都内でワンオペ育児状態でした。

2ヶ月でダンスインストラクターとしてレッスンに復帰。

自分主催で融通が利くクラスには1歳まで同行させて頂いたものの…

正直こどもがいる環境でお仕事をするというのは難しさもありました。

 

具体的にどんな点が問題だったのかを記してみたいと思います。

 

通勤の問題

まず、電車通勤が危険です。

時には通勤ラッシュ時に当たってしまう時もあり、スリングで抱っこするにしろベビーカーに乗せるにしろ、赤ちゃんがいてもお構いなしに周りは押してきます。

圧死させてしまうのではとハラハラすることが正直何回かありました。

 

なるべく時間に余裕を持って万が一の時には下車できるように行動はしていましたがずっとそのままでいるわけにもいきません。

電車を降りてからも、駅構内で忙しそうなおじさんに体当たりされたり舌打ちされたことも何回か遭遇したこともあります。

東京はこどもと住み続けるには酷な環境だなと思いました。

 

 

集中できない

比較的手のかからない子ではありましたが、それでも泣いてしまったりしないかとヒヤヒヤしながらレッスンをするのは正直自分が集中できませんでした。

1歳以降はママに構ってもらいたいお年頃に突入してしまったのでより一層連れていくわけにも行かず、

住環境を変えなければと思い移住したこともあり、レッスンに同行させるのはやめました。

 

生徒さんにも迷惑をかける

慣れている生徒さんたちは子どもに会いたがってはくれますが、それでも迷惑をおかけすることに変わりはありません。あやしてくれたり、泣いてしまった時にケアしてくれたり、心配をおかけしてしまいます。

せっかくレッスンに参加してくれているのに時間のロスを出してしまうことも申し訳ないことでした。

定着させるのは困難

私のように自分の裁量でやり方を調整できるお仕事であってもこどもを職場に連れていくのはいろいろなハードルを感じます。

ましてや一般企業で働く方にとっては精神的なストレスになってしまうでしょう。

 

また、中には外で働くことが育児の息抜きになっているお母さまも少なくないと思います。

職場に連れていけるというのはメリットのようでいて、母親の責任と負担をより重くするような施策にならないとも限りません。

 

子育てと仕事と趣味の可能性

それでも、私自身は仕事の中にこどもが入り込むことを断固阻止したいわけではありません。

働く側も、参加する側も、こどもと一緒にいられる空間を作れたらどんなによいかといつも考えています。

でも、なかなか折り合いがつきません。

 

大人だけのクラスと子連れOKクラスを分ける?

会場の環境はどうか?

時間のロスはないか?

クラスに集中したい人と、子連れでも気兼ねなく参加したいママさん両方の満足度を上げるには?

こどもにもダンスに触れる時間を作ってあげたい、

子どもと一緒に楽しめる空間を作ってあげたい…

 

懸案事項は山積みです。

 

いちインストラクターとして、教室主宰者としてこれからどうやって折り合いをつけていくか考え続けなければいけないと思っています。

 

個人的な話題ですが、

私自身、親が自営業で小さな頃から現場に連れて行ってもらいました。

親の働く背中を見て育ててもらったことは私にとって素晴らしい体験です。

 

我が子にもそういう環境で育ててあげたいなと思う反面解決しなければならない問題も多く、

もどかしさを感じます。

 

東京だから、日本だから余計に強く問題として浮き彫りになってくるのかもしれない部分もありますが、引き続きこの問題には向き合っていきたいと思っています。