夢や目標から逆算をして「今」を決定するのは超大切

ライフデザイン

時間は未来から過去に流れているという話

こんにちは。ウシャです。

少し前からすごく意識している言葉に「時間は未来から過去に流れている」があります。

 

ぱっと見何言ってんのコイツ的な風に見えてしまうかもしれませんが、別にスピリチュアルめいた話ではありません。

 

過去が未来を決めるのか

未来が過去を決めるのか

どちらが先でどちらが真実かなんて私にはよくわかりませんが、ただひとつ確実に言えることは

「過去は変えられない。でも未来は自分の意志でいくらでも変えられる。」ということ。

 

スポンサーリンク

大きな目標から今やることを決めていく

未来を決めなければ過去を後悔するばかりになる

というわけでここ1, 2年の間はずっと自分が想像できる未来・将来こうなっていたい夢から逆算して「じゃあ今そのために何をやるべきか、そのために何をやるべきでないのか」を決めるようにしています。

 

それまでは…

 

日々、慣れてる仕事のパターンをこなし、

お仕事の依頼が入れば受け、、、

自分の意志とはあまり関係無く、どんどんと追い立てられるように日々が過ぎていく、ような気がしていました。

結果、自分の望まない方向性のお仕事ばかりに忙殺されてしまうことに。

 

 

「時間は未来から流れている」という言葉を知ってからは

夢や大きい目標を「そんなの今の自分には無理だし~」と自分で嗤わずに、

「10年後にそうなるとしたら5年後にこうしているべきで、5年後そうあるならば今これをやってこれはやらないでいい。」

と今することを確定できるようになりました。

 

 

そう、やはり時間は未来から流れているようなのです。

 

子育てのことは決められない?

確かに今私は育児中で、子どもに関しては「育ってみないとわからない」ところもあります。

それに伴って自分の仕事もライフスタイルも変化していかなければいけなくなるでしょう。

 

でも、それでも、

「こうありたい」という方針を何も決めずに、漫然と日々やってくるものを受け入れて過ごすことはよいとは言えません。

 

先々変えなければいけない事実に直面するリスクがあったとしても「こうありたい」というビジョンを持つことはやっぱり大切。

自分の向かっている方向が自覚できていれば、こどもの希望とズレが生じた時・環境がそれを許さなくなった時、いずれにしても方向転換が容易になります。

変化に対応しやすい考え方を見にべきだと思います。

 

すべての人が目指すべきこれからの働き方

未来を見据える

で、

先日ネットサーフィンしていて読んだこの記事とリンクしたので書いておこうと思いました。

 

この先20年を決める。3つの死ぬほど大切な働き方って話。 | 先輩、人生進んでます?
現状を知ろう。時代を知ろう。柔軟でいれば大丈夫。

 

今後、どういう働き方になっていくか、
どういう構造になっていくかを知ることで、
それに対して準備できるんで、今のうちから絶対にやっておくべきやな。

自分の能力・可能性・個性をちゃんと追求する

「なんで自分はダンサーなのに他の活動もしたくなっちゃうんだろうなあ」と思うことも多かったのですが、この記事に書かれていたことに共感。
そして「私はこのままでいいんだな」とやっぱり思いました。
私の父は大工と兼業農家、
でも手先が器用で面倒見がいいのでずっと昔から職業の壁なく当たり前に横断しながら生きています。母は専業主婦ですがそんな父をフォローするかのように当たり前に職業の壁を横断しています。
そんな家庭で育っているので、私自身職業の壁というものを一切感じずに育ちました。
小さい頃「大きくなったら何になりたいですか?」って聞かれるのにすごく違和感を覚えていました。
パラレルワーク的な働きをしている中で
この人はこういうことを信条にしている、みたいな行動規範がが明らかであれば、
何屋さんとして動いていても、なんでもいいんじゃないかと思っています。
むしろその方が、
これから世界がどのように動いていくかわからない中で
柔軟に、強くしなやかに対応できるのではないでしょうか。
私は何屋さんだからコレしかやらない、と業界の当たり前を疑わずにいることは
視野を狭めることになると私は思っています。

自分の価値を提供する方法はひとつではない

一つの仕事を通してしか「自分の価値」
を世の中に提供できないのはかなりのリスクになってくる訳です。
個の時代なんで、その人のキャラクターを大切にしないといけなくて、
そのキャラクターでいろんなアウトプット(価値の提供)ができた方が
絶対的にいいわけです。
それが引いてみれば、収入の安定にもつながる。
新しい時代の保証とも言えます。
自分の価値 ☞ 自分の存在によって周りの方たちに贈ってあげられる価値、が何か。
それを、「職業」「業種」で無理やり区切るのではなくて
もっと抽象的でいいと思うんですよね。
例えば、僕はニューヨークでギタリストしてます。
でもなんで、コンサルティングや情報発信とか別の仕事もしてるか?
これは僕が働き方の再定義をしたからなんですね。

 

「僕の仕事はギタリストだ。」
      ↓
「僕の仕事は自分と周りを幸せにすることだ。」
これって仕事の内容が死ぬほど抽象的になってますよね。
だからこそ多くの物事を含んでるし、より本質的になってるんですね。
この記事の中に書かれていることにうんうんうんうんうなずいてしまうほど共感してしまっているのですが、抽象度を上げて本質を見る、ということがすごく大事です。
そして忘れがち。
そのお仕事を選ぶ前は、そのお仕事が生み出すベネフィットのようなものを見つめていたとしても、一旦その業界に漬かってしまうと業界の「ふつう」に流されて本質が見えなくなってしまうこと、多々あります。
なので、時折振り返って「未来にこうありたい姿」を再定義しながら進んでいくことが必要だなあと改めて感じたのでした。